しさくさんさく

ウェブ、日常の雑感、mixi日記の転載など

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の「アイズ ワイド シャット」は複雑な話だったためか、あらすじが長くなってしまったので、今回はあっさり目で。


5146F30F02L.jpg



【あらすじ】
第二次大戦下、ビルマの国境近くにある日本軍の捕虜収容所。斉藤大佐の管轄のもと、日本軍は連合軍捕虜を利用して、国境にあるクワイ河に橋を建設していた。

そこにある日、ニコルソン大佐率いる英軍が新たに収容される。斉藤は協定違反である将校への労役を強いようとしたが、理性と規律に従順なニコルソンは、日本軍の非道な行いに反意を露わにするのだった。

はじめはニコルソンを屈服させようとしていた斉藤だったが、橋の建設の遅れ、捕虜たちの士気の低下などが原因となり、ついに根負け。ニコルソンとの協力の意を新たにする。

その後、橋の建設は順調に進んだ。しかし一方で、収容所の脱走者シアーズのたどり着いた連合軍隊が、密かに橋の爆破をもくろんでいたのだった。

橋の完成日。橋の爆破をもくろんでいたシアーズ一行と日本軍、そしてその捕虜たちとが交戦し、橋は地獄絵図と化す。橋の完成をだれよりも喜んでいたニコルソンはその光景を見て愕然とし、悲しみに打ちひしがれながら戦死する。橋は爆破され、川辺では多くの兵士たちが悲劇の死を遂げたのであった。


☆戦争の悲惨さは伝わるけれども・・・
ラストシーンの悲壮さは、かなりのインパクトがあり、かなり強く印象に残る作品。
また、日本軍と連合軍捕虜たちとの対立と交流を通して、争いの愚かさを訴えてるという点では、かなり良いシナリオだと思います。
しかし、原作者のブール自身が日本人に対してあまり好意的でないためなのか、作中では白人種の優越感に満ちた、偏った描写がちらほらと。
ただ、そこは昔の映画なのだからしょうがないのかもしれませんね。
音楽もみんなのよく知っている名曲でとても好印象。
数々の名賞を受賞した作品ですので、皆さんも見てみては?

戦場にかける橋戦場にかける橋
(2006/02/01)
ウィリアム・ホールデン、アレック・ギネス 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://odama.blog88.fc2.com/tb.php/5-d56b76ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。