しさくさんさく

ウェブ、日常の雑感、mixi日記の転載など

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の11日から続く凄惨な震災報道の中、企業など各種団体の社会貢献への姿勢、CSRへの取り組みが注目を集めました。
これに乗じて再評価された組織もあれば、一方で社会情勢がてんで読めてなかったり、あるいは過去の行いが原因で変にマイナスイメージを広められてしまう組織もあったりと、なかなかに混沌としております。
まあそれだけ大きな事態だったし、それ故に過敏になっている部分もあるのでしょう。

さてネットでは殊更、今回の震災以前からある慈善団体に対する集団的なバッシングが行われていました。
団体名を「日本ユニセフ協会」。アグネスさんが親善大使を務める団体です。
今回の震災を受け、企業による募金活動などが活発化する中、また当然のようにこの「日本ユニセフ」に対するバッシングも湧き上がっており、最早何かの定型句なのかと疑うような事態にも見えたりするのであります。
ついでに言うと、バッシングの理由も募金云々とはまた別の部分に起因してるような気もせんでもないのですが、多分それは気のせいなのでしょう。



んでまあ今回はふとしたきっかけで、この「日本ユニセフ」という団体が本当に如何わしい団体なのか、気になって昼休みとかにささっと調べたんで、その時のツイートを編集してまとめました、みたいな内容です。



まずはどういうバッシングがあるか。
ググッてみて真っ先に目がつく参考サイトってところで、こんなもの貼ってみる。


「ユニセフと日本ユニセフの違い : 2chコピペ保存道場」

日本ユ偽フ(日本ユニセフ協会)
アグネス・チャンさんの方。
 UNICEFに協力するため、日本での窓口となっている単なる「民間団体」
 UNICEFは先進国で直接的活動を行っていないため、
  UNICEFと協力協定を結び、民間の団体として存在している。
 アグネス・チャンさんは日本ユニセフ協会大使。
  本物のユニセフ親善大使ではない。あくまで民間団体の広告塔。
 UNICEFの名前を使い、自らの意思で勝手にお金を集めている。
 寄付金集めの窓口を日本ユニセフ協会に一本化しようと画策し、
  1円も無駄にしたくない黒柳徹子さんに拒絶される。
 集めた募金のうち、最大25%を経費として流用している。
  ( 例 25億円の自社ビルを港区高輪(一等地)に建設 )
 名簿業者から買取った個人情報によるDMでの募金集めなど、手法に問題がある。



当然のごとく、2ちゃんの書き込みそのものはソースでもなんでもないので、もう少し調べる。

次に目に付いたのは以下の記事。
コピペとかネットでよく言われている批判について、少し突っ込んで書いたもの。黒柳さんの話の元記事らしきものの写しなども載せている。


野良里蔵狸 -norakura- 日本ユニセフ協会の謎

 ようは、ユニセフとの協定の元、募金の 25%以内はピンハネ(着服)必要経費として自由に使っていい組織のようだ。



 案の定、役員がずらずら (´Д`)
 一応、「日本ユニセフ協会の役員にはいわゆる「天下り」はいるのですか」に対し、「当協会には天下りは一人もおりません。理事、評議員の中に官庁出身者がおりますが、民間出身で常勤の専務理事を除き、会長以下すべて無給のボランティアとして協力しています」と回答している。
 しかし、専務理事の給与はもとより、人件費に幾らかかってるかは公開されていない。なお、無償の役員がいっぱいいるのは、みんな慈善事業の肩書きを欲しいだけなのか?と思ってしまう。偉い人なんてそんなものだろうし。



 田川一郎氏はドキュメンタリー番組を制作するテレビプロデューサーであり、取材を兼ねて黒柳氏が親善大使として赴任していく先に同行しているのがわかる。問題の記事は「第143話:国連ユニセフと日本ユニセフ協会(7月11日)」だろう。

(中略)

 この記事によると、日本ユニセフ協会は黒柳氏に対し「うちを通して募金をユニセフ本部に納めて欲しい」に対し、「頂いた募金は一円も無駄にしないで現地に届けたい」という理由で断ったエピソードがあった。




さて役員云々とかは正直、まともな資料が出てくることがなさそうだから置いとくとして、特に気になるのは募金の使用用途云々についてかな。
募金で経理云々で違和感と書いてあるのだけど、他の慈善団体と比較しないとなんともな気がする。

他団体の運営費の出処や運用方式がわからないことには、「日本ユニセフ協会はおかしい」にはならないし
よく見かける批判にしてもあまりそこらへんの言及を見かけないから、妙にもにょる。



続いて同者の書いた赤い羽根募金についての話。
内容はさておき赤い羽根もどうやら募金を運営費に当てている?
数年前は収支が公開されてたっぽいけど、現在は分配額についての資料しか見当たらない。

赤い羽根共同募金の謎 (一応見なくても問題ないです)



さらに調べるこんな記事が出てくる。
年次報告をもとにした冷静な分析。
年次報告を見る限りは大して怪しくないという話。

日本ユニセフ協会とUNICEFについて 2

横道にそれますが、●●ちゃんを救う会とかが一時期話題になりました。
その会計報告を見ると私の目には不透明に映ります。

さくらちゃんを救う会/会計報告
収入: 募金総額  150百万円
支出: デポジット 90百万円
    渡航費   3百万円
    事務局経費 2百万円
まだ最終報告ではないので、これはスルー。

あみちゃんを救う会
収入: 169百万円
支出: 71百万円
収支残高: 98百万円
この収支残高はトリオジャパンなる支援団体と協議(?)の上、
基金設立に使われるらしい。


私だって自分の子供がこのような状況になったら、
こういう募金活動で協力を要請するかもしれません。
だから一方的に非難はしません(前は非難したけどさ)。
ただ、これらの募金活動はあまりにも不透明すぎると思います。



とまあ、それなりに資料が出て来たところで補足交えまとめ。



《Q1》,日本ユニセフ協会に募金すると運営費でハネられるの?

《A》,言い方は悪いけどハネられる。でも日本ユニセフ協会だけではない。



《Q2》,他の民間がやってても悪いことじゃね?

《A》,んなことはない。本部である国連機関UNICEFでも同じ。


《Q3》,UNICEFも同じってどういうこと?

《A》,UNICEFの活動資金は各国政府の拠出金と、各国公認の民間団体による任意拠出金で賄われてる。税金で強制的にみんな払わされてるか、善意で追加支出した分を公認団体が取りまとめて渡してるかという違いだけで、本質的にはどちらもほとんど変わらないと思う。※1


《Q4》,でも全部募金に回さないのは駄目なんじゃね?

《A》,①じゃあ誰が運営費出すの?ユニクロの社長ですら1000年に一度の災害に私財で10億円。年間数十億経費がかかる組織の運営を私財でするのはなかなかに困難じゃないかな。
宣伝などお金をかけて活動したほうが、安定して多額の寄付金が集まるかもしれないのだから、そのまま被災地へ投げるだけが良いことじゃないと思う。黒柳さんみたいな個人でお金が集まる人の方が稀。(黒柳さんも最終的にはUNICEFに渡してるわけだし)



《Q5》,日本ユニセフ協会もUNICEFも役員や高給取りがピンハネしてるって聞いた。

《A》,ソースどこよ?っていうか疑いだしたらそんなものキリがない。UNICEF職員は国際公務員で各国政府から給料出てる。日本ユニセフ役員は名目上ほぼ全員無償。※2


《Q6》,ソースは無いけど無駄遣いとか、個人情報の扱いとか怪しい

《A》,個人情報の扱いなど、全く問題がない組織だとは確かに思わない。でも殊更煩く言うほど怪しいとも思わない。抗議したいなら直接事務局にでも電話すればいいんじゃないですか?


《Q7》,やっぱり日本ユニセフ協会に今回は募金したくない

《A》,別にいいんじゃないですか?震災ならUNICEFじゃなく災害専門の団体の方がいいと思います。自国も発展途上国も平等に扱いたいっていうイデオロギーをお持ちの人なら、UNICEF関連組織に募金すれば良いのではないでしょうか。



◇おまけ?◇

「悪質なデマにご注意下さい。」

アグネスと日本ユニセフ協会問題の講義を受けてる最中に落ちた爆弾


《Q8》,日本ユニセフ協会とUNICEFは別団体でしょ?日本ユニセフ協会は安心出来ないんだけど。

《A》,別団体だけど完璧に公認団体ですよ。関係もかなり密そうだし、公認じゃない関連組織なんて世の中いくらでもあるし、そっちに比べたらかなり安心できるけどなあ。



というか、普通にアグネスさんは
「気持ち的に」「行動は」本部と同じだよって表現したかっただけで、言葉のあやの可能性もあるんじゃないかなあ。

断定はできないけど。


児ポル関連の発言とかは殊更何か言う気もないんで、反論なりなんなり好きにやればいいんじゃないですかね。
とりあえず変な八つ当たりとか、過剰なイナゴっぷりは個人的に見ててげんなり。



(※1)
「(財)日本ユニセフ協会の経費財源(募金経費) 」

「ユニセフの財政」


(※2)
「外務省国際人事センター」

「日本ユニセフ協会 役員名簿」
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://odama.blog88.fc2.com/tb.php/6-88462e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。